2021年4月10日

S.H.フィギュアーツ ウルトラマンジード ロイヤルメガマスター マント可動化

IMG_5049.jpeg

いや、元の製品もマント可動しますけどね?
今回は目が薄すぎるのでリペイントとマントを梨地シートにして欲しいという依頼を受けました。
マントの梨地化については以下のサイトを参考にということなのでめっちゃ参考にしています。(後に知りましたが、ツイッターの相互さんのブログでした!)
S.H.Figuarts ウルトラマンジード ロイヤルメガマスター のマント改修
まずはリンク先のブログ記事から読むことをお勧めします。
多少の工夫を加えています。

先ずは型紙をイラストレーターで作りました。
以下のリンクでpdfをダウンロードできますので印刷してご利用いただけます。ネットプリントしても良し。
S.H.Figuarts ウルトラマンジードロイヤルメガマスター.pdf 型紙の中の破線はワイヤーを仕込む部分で、4箇所の○は3×1mmのネオジム磁石(Amazonで大量に売っているやつを購入しました)を仕込む箇所です。

私はテンプレートをクラフトロボでカットしています。
また、今回はシートを切り出してから表裏を張り合わせるのではなく、張り合わせてからカットすることにしました。こうすることで張り合わせたときにシートがずれる心配がありません。

IMG_5010.jpeg まず裏側のシートの処理です。参考にしたブログにもありましたが経験上、シートとシートをピタっと張り合わせるとその箇所が黒ずんでしまいます。黒ずむという表現は適切では無いですが、すりガラスにセロハンテープを貼ると透明度が上がる感じと似ています。これを防ぐ為に赤い梨地シートをA5サイズに切り出して同サイズの厚紙にマスキングテープで固定し、白サフを吹きます。こうすれば色の透過を防ぐことができますし、なによりも赤の発色が良くなります。

IMG_5021.jpeg その効果は一目瞭然です。左側の破片は裏面に白サフが吹いてあります。吹いていない方はカッティングマットを透過してしまっています。

金色は赤い梨地シートにタミヤスプレーのゴールドを使っています。

IMG_5012.jpeg シートの上にテンプレートを置いてテンプレートの内側にオフセットしてステン針金(0.4mm)をマスキングテープで固定します。その後少しづつマスキングを剥がしながら、針金を瞬間接着財で固定します。瞬着は低粘度なものを使うのがお勧めです。すみ入れの要領で針金に沿って流れてくれます(今回使ったのは違ったのでちょっと面倒でした)。

針金を瞬着で固定できたら針金の外側に沿うようにハセガワの両面粘着シートを貼っていきます。

IMG_5023.jpeg あとはテンプレートの枠ともう一枚厚紙を用意して上部をマスキングテープで繋げます。あとはそれぞれの内側にシートを貼ってパタンと閉じる要領で表裏を張り合わせます。

IMG_5026.jpegIMG_5027.jpeg マントの接続は前述のブログに習って肩アーマー裏にネオジム磁石(3×1mm)を仕込みます。一度ガイドの穴をピンバイスで堀り、前から気になていたゴッドハンドさんのスピンブレードで底面が平たい穴にしています。パーツ自体が厚く無いのでドリルでネオジムを埋めるのに必要な深さを掘るとセンター部分が貫通してしまう為です。これでも完全には埋まっておらず半分位は飛び出しています。瞬着で固定しています。

IMG_4961.jpegIMG_4962.jpeg 背中のパーツも前述のブログ同様にネオジムを仕込みます。背中のパーツはプラ製マントパーツと接着されているので"こじ開け"を利用して強引に分解(破壊・・・)。軸の部分とマントも切り離してしまいました。

IMG_4963.jpeg 軸パーツと背中のパーツはプラリペアを使ってガッチリ結合させます。軸の可動がかなりキツい為、通常の接着では簡単に取れてしまうと思います。プラリペアのおかげでビクともしませんでした。

IMG_4998.jpegIMG_5033.jpeg ネオジムを仕込む為の土台をエポパテで作成。メンソレータムを塗って離型処理をしたパーツにエポパテを押し付け、ドリルの背中等でφ3mmのガイドをスタンプしておきます。硬化後に取り外して整形、塗装して接着します。回転軸の金属とネオジムが引き合って作業し辛いので土台パーツにネオジムを接着してから土台パーツを背中のパーツに接着しています。

IMG_5028.jpegIMG_5029.jpeg マントの中にもネオジムを仕込んでいます。接着はハセガワの両面粘着シート。貼ってあるマスキングサークルは位置決めのガイドでこの後剥がしています。

IMG_5004.jpegIMG_5003.jpeg ネオジムは補助的なもので肩アーマーのボールジョイントにマントの縁を半分位噛ませることで固定自体は可能です。シート2枚分噛ませると流石にキツすぎと思われるので表側(金色)のシートのみ噛ませています。この為、裏側(赤色)のシートは干渉する部分は切り欠いています。

IMG_5040.jpegIMG_5041.jpeg ということで完成!

IMG_5039.jpeg マントはかなりデカめです。通常の状態にするにはかなり折り畳まないといけません。が、実物もカーテンの様に蛇腹状に細かく折り畳まれていますね。

IMG_5038.jpegIMG_5043.jpeg 目はガイアノーツの蛍光ブルーで濃くしています。

2021年4月 5日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダードライブ タイプフルーツ 改造

IMG_4967.jpeg S.H.フィギュアーツ 仮面ライダードライブ タイプスピードをベースにタイプフルーツを作成しました。

スクリーンショット 2021-04-05 22.36.45.pngスクリーンショット 2021-04-05 22.36.18.png IMG_4770.jpg ローグ同様、新たに作り起こしたパーツは全て3Dプリント(sonic mini 4k)しています。

IMG_4603.jpg 何度か試作を繰り返しました。特にタイヤの合いを調整するのは大変でした。笠の筋彫りの本数などネットで資料を探していましたが見つからず何となくで良いかな・・・と諦めかけたその時、特写写真集を持っていることを思い出し引っ張り出したところ上からの写真がバッチリ載っていました!なので再現度はバッチリかと思います。

IMG_4977.jpegIMG_4981.jpeg IMG_4980.jpegIMG_4982.jpeg いきなり完成です(汗
元の塗装は除去し、ピンクサフをベースに混色したオレンジを吹いたあと納得が行かなかったのでさらにタミヤラッカーのピュアーオレンジで上塗りしています。多分いきなりピュアーオレンジを塗っても思うように発色しないと思うので結果良かったかも。

IMG_4979.jpeg ボディの左側はタミヤのポリカーボネートスプレーのダークメタリックブルーを使用(スプレーのまま吹いています)。タイヤ側面には自作デカール(type FRUITS)を貼っています。

IMG_4978.jpeg 忘れてはいけないのがベルトさんのディスプレイ部。ちゃんと再現しました。

IMG_4853.jpeg プリンタのインクでは色味の再現が難しかった(MDプリンタはグラデーションや中間色に弱い)のでディスプレイ基部のパーツをオレンジ(元の製品のプリントもオレンジでした)に塗装した後、オレンジ部分をヌキとした黒マスクデカールでマスクして再現しています。

IMG_4985.jpeg 武器は塗装剥げが酷かったのでリペイント。特に無双セイバーはフルリペイントしています。今回の塗装で一番しんどかったです(特にシルバーのライン)。ひたすらマスキングしました。

IMG_4989.jpegIMG_4991.jpeg 肩当て、腰当てのサイドの一部と裏面はガンメタに塗装。多分ダークステンレスシルバーだったと思います(ど忘れ)。ここもマスキングが面倒でした。

IMG_4854.jpg IMG_4986.jpeg 肩アーマーは薄いゴム板で胴体接続しています。ゴム板、伸びたりするので勧めです。瞬着との相性もとても良いです。

IMG_4851.jpeg シフトカーは本当は形状がことなるんですが塗装とデカールで誤魔化しています(汗

IMG_4970.jpegIMG_4971.jpeg 相変わらずポージングセンスは皆無なので画像検索して参考にしています。見たことあるでしょ(笑

IMG_4967.jpegIMG_4968.jpeg 個人的には二刀流の刀をクロスするように持たせるのが好きです。

IMG_4995.jpg 最初は「えぇ・・・」と思ったデザインですが作っていると愛着が湧くんですよね・・・とても気に入っています。

2021年4月 3日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースナイプシューティングゲーマー レベル2 マント可動化

今回はフィギュアーツ 仮面ライダースナイプシューティングゲーマー レベル2のマントを梨地シートで可動化して欲しいという依頼をいただきました。
IMG_4951.jpeg

単純に梨地シートに置き換えならさほど難しくもありませんし、SNSでも作例を見かけます。が、今回はマント表面のハニカムパターンを再現して欲しいというものでした。今回のパターンは細かすぎてクロノスローブで使ったカッティングシートはカット精度に問題があり使えず。依頼通りデカールでのテストもしましたが強く折り曲げるとインクがハラハラと落ちてきてNG。依頼された内容にばかり囚われすぎて根本的なことに気がついていませんでした。

梨地シートにプリントすればいいんじゃね?
と。

IMG_4890.jpeg まず、イラストレーターでマントのパターンをデザインしケント紙に印刷。

IMG_4891.jpeg 白の梨地シートを印刷した外枠のサイズで切り出し・・・
(梨地シートは東京出張の際に渋谷の東急ハンズで購入したものです。名古屋のハンズ2店舗では取扱無し&取り寄せ不可・・・トホホ)

IMG_4892.jpeg ケント紙になるべくたわみが無いように貼り付け、タミヤのポリカーボネートスプレーの蛍光イエローで塗装(先駆者に教えていただきました。感謝!)。塗装するとシートがたわんでくるので貼り直します。

IMG_4893.jpeg 塗料が乾いたらメタリックシルバーインクで印刷します。いやー、できるかもとは思っていましたが本当に印刷できた時は感動しました。マジでMDプリンタ優秀過ぎです。バージョンアップして復活しないかな・・・
この後、裏面も蛍光イエローで塗装しています。

IMG_4952.jpeg 試作を重ねて完成したマントがこちら。襟の部分は独立しています。いつもは裏表で2枚のシートを張り合わせるのですが今回は1枚としました。針金をオフセットして瞬着で固定し、縁を巻き込む形で接着しています。

IMG_4911.jpeg 複眼の改修も受けていたので裏から削っていたところ削りすぎてしまい目の部分が破損(貫通)してしまいました。

IMG_4914.jpeg デカールを貼って誤魔化せないレベルだったので素体を購入してパーツを取ろうかとも思いましたがあまりにも勿体ないので急遽3Dデータを作成し3Dプリントで目の部分を作成しています。(画像右上のクリアパーツが自作したものです)

IMG_4915.jpeg IMG_4916.jpeg なんとかリカバリーに成功しました。また形状も好みに変更しています。

IMG_4941.jpegIMG_4939.jpeg そうして出来上がったものがこちら。もとの製品はプラスチック製でパーツ分割もされていましたがより実物に近づけることができました。何よりハニカムパターンが再現できたのが良かったです。

IMG_4942.jpeg 昔やった改造同様に背中のバイザー部には赤デカールを貼ってワインレッドに見えるようにしています。

IMG_4933.jpegIMG_4936.jpeg 今回は梨地にプリントを施すという新たなイノベーションがあり非常に有意義でした。

2021年2月24日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーセイバー ブレイブドラゴン リペイント

「物語の結末は俺が決める!」
IMG_4764.jpeg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーセイバー ブレイブドラゴン
造形は非常に良いです。通常であれば塗装による色分けとするところをガンプラの様にパーツ分割することで再現してある箇所がありこれまでと違うパーツ構成となっています。SNSを見ていると塗装省略でがっかりと評価が芳しくない様ですが個人的には許容範囲です。が、それではブログネタとして面白くないのでいつも通り極力劇中を再現すべくリペイントしました。

IMG_4709.jpegIMG_4713.jpeg
中でも歓迎されないのが火炎剣烈火のシルバーが成型色なことでしょう。それもそうなのですが個人的に気になったのはクリアレッドで塗装されている部分。実物とは色味が異なりまたその内部のパターンのモールドがされていいるが色が再現されていないことでした。シルバーはガイアノーツのEXシルバーで塗装。内部をクレオスのディープクリアレッドで塗装し、モールドにはウェザリングカラーのマルチホワイトをスミ入れしました。クリアパーツは表面の塗装を落としてモールドにはエナメルのレッドをスミ入れしています。大分実物にちかずけたのではないでしょうか?

IMG_4753.jpeg 次いで気になるのは肩と胸の赤い部分が成型色そのままで塗装箇所と比べると浮いて見えてしまう点です。ここはクレオスのハーマンレッドにマルーンを少々混色したレッドを塗装。今回、赤い成型色の部分(肩、胸、胸のライン、腹のライン)は全て同色で塗装しています。もともとの塗装箇所には手を入れていません。

IMG_4733.jpeg
SNSでリペイント例を調べるまで気がつきませんでしたが複眼部分にも塗装省略箇所が存在するのでガイアノーツのプレミアムレッドで追加塗装しています。すごく細かい部分なのでなくても正直気にはなりませんが・・・。

IMG_4752.jpeg IMG_4760.jpeg
胸の中心及び背びれの様なパーツのシルバーも成型色のままなのでマスキング後にEXシルバーで塗装しています。ワンダーライドブックはグラフィックが省略されているので自作デカールを作成して貼り付けています。表からは見えませんが表紙の部分も貼り付けています。ドライバーの金の部分は細かいモールドをブラックでスミ入れしてます。

IMG_4754.jpeg
胸の下の部分及び脇からローブにかけてシルバーの部分は色味が異なっているみたいなのでウィノーブラックを下地にガイアノーツのダークステンレスシルバーを塗装しています。ダークステンレスシルバー好きなんですよねー。

IMG_4756.jpeg
股間から内腿の部分がグレーになっているのですがここの印象が安っぽいというか違和感がありました。実物はメタリックにも見えるのですが資料を調べても確証が得られませんでした。少なくとも商品の色味は違うと思ったのでプライマー処理の後でタミヤラッカーのフラットシルバーにクレオスのチタンシルバーを混色したものを吹き付けています。タミヤラッカーとの相性が悪いのか組み立ての際に強く握ったところの塗装が剥げてしまいました。この箇所はリカバリーしていますが表面が多少凸凹している箇所があります。もし次の機会があるのであればタミヤ以外を試す必要があるかもしれません。

IMG_4707.jpegIMG_4706.jpeg
膝関節も実物を参考に内側と外側で色を変えて塗装しています。赤いラインも再現しました。

IMG_4708.jpeg
足首の関節は股と同じ色、ソール部分は塗装が省略されているのでダークステンレスシルバーで塗装しました。

IMG_4759.jpegIMG_4766.jpeg
ソードライバー必殺ホルダーはシルバーの塗装を追加。

IMG_4768.jpeg
手首は商品はメタリックオレンジ一色なのでプレミアムレッドを吹いてグラデーションを再現しました。

IMG_4755.jpegIMG_4748.jpeg
例によってアレしています。

2020年11月 4日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーゼロワン リペイント 小改造

DSC_5223.JPG
もう結構前に完成していたのですが撮影とか記事書くの面倒で止めていました。いつもどおりクロスベース対応や蛍光塗装を施しています。

IMG_1680.JPGIMG_1649.JPG
ハニカム状のモールド部分はアップ用スーツ見ると微妙に色味が変わっています。今回はハニカムモールドがある部分にはクレオスのグラファイトブラックを塗装しています。鉛筆の芯の様なメタリックになります。このグラファイトブラックは限定色となっており現在は絶版で一時期はamazon等で高値になっていました。幸い再販が決定したので気になる方は忘れずに確保しておきましょう。

IMG_1627.JPG
複眼を加工するためにバラします。比較的楽に外せますがダボが折れる可能性が高いです。複眼パーツは簡単に外せます。

IMG_1633.JPG
実物の複眼はパンチングプレートの様な丸穴のパターンです。これを再現するため、パンチングプレート状のホワイトデカールを自作しました。

DSC_5225.JPGIMG_1738.JPG
クロスベース用のLEDユニットを仕込みました。

DSC_5229.JPG
足の裏のも追加塗装しています。

DSC_5226.JPG
腕のシルバーのラインがつながる様に肘関節にもシルバーのラインを追加。

DSC_5240.JPGDSC_5238.JPG 各所の赤いラインおよび複眼は蛍光ピンクを上塗りしてあるのでオープニング同様にブラックライトで蛍光します。赤ラインはマスキングでブラシ塗装しています、これが一番シンドかった。

DSC_5173.JPG
3体それぞれ、例によってアレしています。