2012年1月10日

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー カイザ 頭部分解、白化リカバリー

以前、リペイントを行ったフィギュアーツカイザですが、現在自分のも含めて3体進めています。頭部の分解手順、注意事項をメモします。※分解は自己責任で行って下さい。

DSC_0695.jpg ファインダーのクリアパーツを分解するには先ず、頭部パーツの前後を分解する必要があります。器に熱湯を入れ湯煎します。1分~2分位待ってパーツを取り出し指で前後の分解を試みます。多分無理なんで早々に諦め、ツールによる分解に移ります。

DSC_0699.jpg 先ずは分割線の下方からアートナイフを入れて行きます。慎重に、間違っても指を切らないように!

DSC_0700.jpg ちょっと隙間が出来たらこじ開けを投入。

DSC_0701.jpg 頭部パーツはダボで接着されています。そんなことお構いなしにこじ開けを差し込んで行き、ダボも一緒に切断します。大抵のフィギュアーツの頭部は前後パーツに挟まれて内部に首のボールジョイントを受ける為のゴムパーツが存在します。ダボが無くてもこのゴムパーツのテンションだけで前後パーツを固定できるのでダボは切断してしまっても心配ありません。

写真撮るの忘れましたが、頭部本体からクリアパーツを外す前に再度湯煎します。運が良いと裏からクリアパーツのダボを押し出すことで外れる場合があります。6ヶ所中、1ヶ所が簡単に外れましたが、その他はガッチリ接着されていました。ダボを短くするように裏から削ってみましたが外れませんでした。こうなると覚悟を決めてクリアパーツと本体の間にナイフを入れるしかありません。上部のトサカのある部分からダボの辺りにかけて接着がしてあるので重点的にナイフを入れます。パキッという感じで外れます。

DSC_0799.jpg ファインダー分解時にアクシデント発生です。片方の外した際、そのテンションで反対側のダボの周りが白化してしまいました(汗 今回、3体分作業していますが程度は違いますが全て白化しました(泣 以前成功したのは運が良かったのか・・・。かなり慎重に作業したのですが、(黒い)頭部パーツもキズ付けずに作業した場合は白化必至のような気がします。結構これでハマッた方も多いのではないでしょうか。一旦白化したものを元に戻すことは不可能です。塗装でごまかすことも出来ないと思います(クリア塗装なので)。暫く途方にくれていましたがあることを思いつきました。

「白化した部分を削っちゃえばいいじゃん」と・・・。

幸いファインダーパーツは肉厚で白化する箇所は裏面の方(ダボの)です。裏からアートナイフでカンナの要領で少しづつ様子を見ながら削って行きます。

DSC_0805.jpg 白化が見えなくなった状態まで削り込んだら、ペーパー掛けを1000番~2000番まで行います。その後、コンパウンドで磨くとリカバリー完了です。

DSC_0810.jpg あとは裏面のクリアブルーの塗装をシンナー等で落とし、調色したクリアパープルで塗装します。白化もなくなり、削った箇所も違和感なく仕上がりました。

白化して諦めてしまった方の参考になればと思います。

コメントする