') ?> 2016年4月アーカイブ: 狂鮟鱇

2016年4月11日

仮面ライダーアビス カードデッキ作成 完成編

DSC_3094.jpg
変身アイテム系の改造では初となります。殆どの事を前回の記事「仮面ライダーアビス カードデッキ作成 工作編」で書いてしまったので今回は塗装についてと完成品画像を掲載します。

DSC_3106.jpg
クレストの塗装はMr.メタリックカラー GX210 GXブルーゴールドを使用しました。本体色は、劇中通りではなくフィギューアツのアビスと同様にとの事だったので色々検討した結果、SM01 スーパーファインシルバーにガイアカラー 033 純色シアン、同クリアブルーに同純色マゼンタを少量加えてた自家製メタリックブルーを使用しました。当初はシルバーの上にクリアブルーを吹いてキャンディ塗装にしていたのですが小口径のエアブラシでクリア塗装を行うと塗装ムラが酷くて没にしてしまいました。
※実際の色はもう少し薄い感じです。下の画像の方がイメージ近いかも。

DSC_3102.jpg
DSC_3103.jpg
実は龍騎ってあまり良くしらなくってこのデッキが展開することを知りませんでした(汗 窪んだところの塗装どうしようかな・・・と悩んで弄っていたらパカっとなって焦りました。おかげで塗装はぐんと楽になりましたけど。ヒンジの部分はラチェットの様になっておりどうしても塗装が剥げてしまいます。

DSC_3089.jpg
クレストはダボが取り付けてあり本体に刺しているだけで接着はしていません。

DSC_3100.jpg
せっかく原型を作ったこのクレスト、何か有効な活用方法はないでしょうか。スマホケースのデコレーションとか・・・て直ぐに塗装剥げそうですね。

2016年4月10日

仮面ライダーアビス カードデッキ作成 工作編

仮面ライダーディケイドで登場した、「龍騎の世界」の仮面ライダーアビス
そのデッキを作成しました。

CK-PyU6UMAAAiX7.jpg
いきなり造形も出来ないので先ずはイラストレーターで設計しました。アビスのデッキは既にネット上で何人か作成されているのでそれらも参考にしています。この画像をtwitterにアップしたの去年の7月だよ・・・。

DSC_0293.jpg
DSC_0294.jpg
設計したパスデータを元にカッティングプロッタ「クラフトロボ」でカットします。0.3mmのプラ板であればカット可能です。完全にカットはさせずにスジボリを行うイメージです。あとはパキっと外したりナイフでなぞって切り取って行きます。

CUiGTAaVAAIgtck.jpg
切り出したプラ板をテンプレートにしてパテ盛って成形して行く。

Cca0Hk4VIAA9aW7.jpgCclExz9VAAAv8qh.jpg
歯は別パーツとして造形。歯型のテンプレートの上にエポパテを盛って予め形を作っておきます。本体にはメンソレータムを塗って離型処理を行って硬化後に外して整形し易くしておきます。

CeKA_lyUIAE8jvL.jpg
そうやって出来た原型はプラ板、ポリパテ、エポパテによる複合素材の為、経年劣化による剥がれや亀裂が心配なのでレジンに置換します。今回は大量生産するわけではないので「おゆまる」を使って簡易複製を行います。百均で買ったカードケースが枠としてドンピシャでした。
CeL5YhBUkAE16a6.jpg
3回抜いたのですがみるみるおゆまる型が劣化してゆきます。おゆまるは熱で柔らかくなるのでレジン硬化時の熱でやられてしまうんですね。結局ファーストショットを採用しました。

CPPL57WUsAABdTl.jpg
本体は犠牲となるデッキのクレストをノコ刃で切除してゆきます。余計な場所が傷つかない様にマスキングで保護して慎重に。

Cc1D_nhUEAAbf8r.jpg
一部穴が空いたりするのでパテで埋めて表面を均す。

CcyfPPIVIAAIEzh.jpg
足りないモールドをクラフトロボでカットしたテンプレートを使って足して行きます。

CePKMX9UYAATAv0.jpg
一度パーツを配置してテンションを上げて行きます。ここで悩ましいのが各パーツの正確な位置決めです。更に塗装してから接着するのか、接着してから塗装するのか悩みました。

CePKMXeVAAAvx2t.jpgCePKMXtUEAEhLx-.jpg
位置決めはやはりテンプレートを活用して解決しました。

Cej8sXfWwAIz8At.jpg
そしてパーツは別々に塗装した後に組み立てることに。位置はダボを作って簡単に固定可能としました。

Cej_REFW8AAwijd.jpg
工作はこれで完了です。
次回、完成編に続きます。

DSC_3088.jpg
もう完成しているのですが、本体塗装に一度失敗しています。シルバーを下地にクリアブルーを吹いてキャンディー塗装としたのですが、広い面積のクリア塗装はやっぱり難しいや。ムラが多すぎてボツにしました。


半透明プラスチック粘土 おゆまる(7色7個入りセット)

半透明プラスチック粘土 おゆまる(7色7個入りセット)
ヒノデワシ プラスチックねんど おゆまる1000 12色 OO-1000 24個入 すけるくん 透明ネンド 200g おゆまる 単色クリア 12個セット(6個入×2セット) パテ革命 モリモリ 120g [グレイス] 樹脂風粘土