') ?> 2014年9月アーカイブ: 狂鮟鱇

2014年9月26日

PG 1/60 ユニコーンガンダムて・・・

これは久々に作ってみたいと思うガンプラだなぁ・・。
本体が21600円、
別売りのLEDユニットが12,960円(汗

その前にHGUCのクロスボーンガンダムが超楽しみです!!

一度でいいからホビーショー行ってみたいなぁ。東京の人が羨ましいDEATH

2014年9月14日

響く鬼、三度。

DSC_7645.jpg
またか、新作はどうした?と声が聞こえてきそうですが、まぁそう言わずに(汗
毎回少しずつ新しいものを取り入れています。今回は魂エフェクト バーニング フレイムのリペイントバージョンです。

DSC_7640.jpgDSC_7641.jpg
元々はレッドとブルーが発売されているのですがどちらも所有していませんでしたが、店舗で売っているのを見かけたので響鬼さんに合いそうだと買って来ました。響鬼さんは変身エフェクトで紫の炎に包まれるのでブルーバージョンにクリアレッドを吹きつけてパープルに変更しています。商品はもともと蛍光塗料で塗装されているのか、UVの照射で青白く光ったのでその特性をそのまま引き継いでいます。クリアレッドを上塗りしているので多少発光の色味も変わった・・・かな?

DSC_7638.jpgDSC_7639.jpg
響鬼さんは前2作とも既に手元に無いので新たにマジョーラでペイントしています。

DSC_7626.jpgDSC_7628.jpg
撮影はピントを合わせた後に部屋を真っ暗にしてシャッターを切ります。シャッターが下りるまでかなりの時間が掛るのでその間にUVLEDを照射しまくったり、一瞬だけ照明(フォトラ)を点けたりする特殊な方法で撮影しています。いい加減ちゃんとしたブラックライト買おうかな・・・。

DSC_7629.jpg
レッドバージョン買ってTHE NEXT V3に合わせたら良いかも。

例によってアレしています。別々なので注意。
響鬼さんをアレするのは多分最後。

あと一体は自分様に遊びたおす予定です。

DSC_7646.jpg
次回作もちゃんと進めています。ホーンはどういう構造になってたんだろう? 今回使わないから潔く折ったけど、無傷で取れそうな気がしない。ダブトに改造する際は要注意ですね。

魂EFFECT BURNING FLAME BLUE Ver.
B00JGW4VDU
魂EFFECT BURNING FLAME RED Ver.
B00JGW4VEY


S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー響鬼
B00JM1FWOW

2014年9月 7日

響く鬼、再び。

DSC_7576.jpg
塗料も素体も余っているので2作目です。
前回は下地にクレオスのウィノーブラックを使用したのですが今回は下地無しにしています。結果、前回よりは明るい感じになりました。その代わり、消費したマジョーラは前回より多め。
更に今回はフェイス部分のクマドリをマスキングしてフェイス部分にも塗装を行っています。特にシルバーを吹き直してはいません。マジョーラは暗い色の上に重ねることによって発色します。この原理を利用してシルバーの上から吹いていますが、影響はほぼ無い様です。

DSC_7555.jpgDSC_7547.jpg
前作は手元に無いので並べての比較はできませんがどちらにも良い所があると思います。色の変化は今回の方がし易いかも。

DSC_7596.jpgDSC_7598.jpg
今回は炎のエフェクトに蛍光塗料をつかってブラックライトによる発光仕様としてもました。根元にはガイアノーツの蛍光レッド、先端の方は同蛍光オレンジを使用しました。

DSC_7614.jpgDSC_7612.jpg
ちゃんとしたブラックライト照明ではないので撮影には苦労します。真っ暗な部屋でシャッター切って、光硬化パテ等を硬化させる為のキーホルダー型LEDブラックライトをひたすら色々な角度から照射しまくります。

DSC_7531.jpgDSC_7537.jpg
しかし、この響鬼さん、フィギュアーツ史上最高の出来では?ちょっと前にはフィギュアーツの響鬼の姿は想像出来ませんでした。あとは凱火さえ出してくれたら・・・・。

DSC_7518.jpg
DSC_7522.jpg
作業中の状態。

DSC_7593.jpg
再び例によってアレしています。

2014年9月 5日

準備中

DSC_7583.jpg