') ?> 2013年4月アーカイブ: 狂鮟鱇

2013年4月24日

モデグラとver.kaと私

DSC_2925.jpg
モデグラのフラゲのついでに購入しました。実はamazonのレビューで過去のver.ka作例の再録で新規の作例は無いと判っていたので見送ろうかと迷っていましたが実際目の前に置いてあると駄目ですね(笑
内容は確かに再録ばかりでした。この辺りのバックナンバーは全て所有しているので必要無いっちゃ無いのですが、纏まって見れるので良しとしよう、うん。
各工程は細かく、大きく説明されている様な気がします。

DSC_2922.jpg
伝説の最終回号の表紙がまんま1ページ占有しています(驚
つか、センチネル0079は別冊にも収録されていないのだからこれに収録したら爆売れしたと思うんですけどね。

DSC_2923.jpg
私のver.ka道はここから始まった。現在は絶版(そう、絶版です。ガンプラは基本的に旧キットも含めて絶版にはならない)となった旧HGモデルのインストです。インストが衝撃的過ぎてもう一度模型屋に掛け込んで店主に何が凄いかを興奮気味に説明して2個目を買った記憶があります。今思えばあれが初めての2個買いでした(笑 しかし、肝心のキットは大河原先生のリファイン画稿が元となっておりカトキ版とは大きくかけ離れたものでした。当時は何故カトキ版を出さないと嘆いたものです。
Zのインストを紛失・・・帰ってこーい!

DSC_2924.jpg
そして最終回にサプライズとして掲載された伝説の1/72。これはもう本当に衝撃でした。何度、これにトライしたことか(涙

駄目だ、ver.kaに関しては思い入れがあり過ぎで纏まらないのでここいらで止めておきます。

「極上のガンダム」を作らねば!: How to build"Luxury RX-78 GUNDAM"
モデルグラフィックス編集部
4499231094

2013年4月22日

ボークス 1/24 スコープドッグ作成 2

DSC_2917.jpg
使い終わったマジックリンはペットボトルで保存し、次回再利用します。隣のはバンダイの1/20のスコタコ。放置中のものでホコリが積み重なっていました(汗

DSC_2916.jpgDSC_2915.jpg
キットの状態だとボディに対してハッチの後部幅が0.5mm位オーバーしていた為に収まりませんでした。やすりで入念にすり合わせると共に熱湯風呂にいれてハッチ前部を曲げてボディの湾曲に合う様にしています。

2013年4月21日

MG GUNDAM ver.ka 制作記 其ノ十七

ガンプラ作成は周期があるんです、私の場合。今期で完成まで行けるとはこれっぽっちも思っていません。ただ、フクラハギ~スネは今期中に複製までもって行きたい。暫くはスコタコと並行で行くつもりです。
DSC_2909.jpgDSC_2911.jpg
形は大体出来たので細かい部分の調整を進めます。複製で左右を揃えるので両側に外内用のモールディングを施す予定です(外と内でスラスターの形状が異なります)。

DSC_2913.jpg
パーツ分割はこんな感じでFIXです。ヒザアーマー撮るの忘れてた(汗
完成は遠いぜ・・・。

2013年4月20日

ボークス 1/24 スコープドッグ作成 1

ガレージキットの最初の難関(?)は離型剤の除去ですよね。この洗浄作業を考えると憂鬱になります。私だけ?考えていても始まらないので手を動かします。

DSC_2849.jpg
今まではレジン専用の洗浄液を使っていました。色々試していましたが良い思い出がありません。面倒臭がりなのでゴム手袋をしないで作業すると指の股がヒリヒリしてきたり・・・(汗 極めつけが暫く浸け置きしていたらパーツがフニャフニャになったりしました(怒 今回は「横山宏Ma.K.モデリングブック」で紹介されていたマジックリンを試しました。原液1に対し水1で割っています。一晩浸けて、駄目押しで古歯ブラシでゴシゴシと。多分落ちたと思います。指でなぞるとキュッという感触がします。水で流すだけでも大丈夫なのかなぁ・・であれば物凄く楽なんですが。コストパフォーマンスも良いのでお勧めです。

DSC_2906.jpgDSC_2908.jpg
ボディを仮組んでみましたが、レジンの歪みがあるのでピシッとは行きません。特にハッチの湾曲がボディと合わないのがキツイです。熱湯で形状を修正して行く必要があります。

モデリングブックはMa.K.に関わらずおススメの本です色々なノウハウが詰まっていて面白いですよ。
横山宏Ma.K.モデリングブック
横山 宏
4499229235

2013年4月13日

超・大河原邦男展に行って来たよ!

今朝、兵庫県で地震があり携帯に地震速報が着信しました。いや、全然気が付かなかったんですけどね。そんな兵庫県にレッツラゴーです。

DSC_2831.jpg
今回はえてもんきー氏と約3時間の行程で到着~。開館直後位なので人は少なかったです。バンさんも来れば良かったのに。

DSC_2832.jpg
展示室へ向かう途中、こんなものがお出迎え・・・。デカイ壁画です。カッティングシートでした。

DSC_2833.jpg
そしてセンセイがお出迎え。たむけんにも見えます。残念ながら写真はここまで。今回はイベントではなく、美術館の特別展示なので写真撮影はNGです。

ガンダムは勿論ですが、一番盛り上がったのはボトムズのエリアですね。そのエリアに入ると1/1 スコープドッグがお出迎え。ようやく生で見ることが出来ましたがスゲーの一言です。この大きさでよくプロポーションを崩さずに作れたなぁ・・・作成モチベーションも上がるってもんです。

DSC_2835.jpg
最後は物販コーナーで締め。352ページに及ぶ分厚い図録。当然購入しました。こちらは通販もしているようです。これはなかなかの物ですよ。

DSC_2836.jpg
そして今回の一番の目的である1/24 スコープドッグ、無事に入手できました。あと、限定ガンプラは事前に知っていましたが売り切れ。会場で予約が可能で入荷し次第送ってくれるとのことです。こいつに関しては買う気が無かったのですが、サンプルを見ると欲しくなっちゃいますよね?えてもんきー氏が買うと言うので便乗しました。どうやら物販コーナーはボークスが仕切っているみたい。

DSC_2837.jpg
そして開封の儀。ちゃんとカラーレジンで抜いてあります。昔手放した理由がなんとなく想像できる。いや、今回こを完成させるぞー。

その他では中華街で老祥記の豚まん買ったり、IKEAを満喫してきました。
えてもんきーさん、お疲れさまでした!

2013年4月11日

超・大河原邦男展に行く予定

今度の土曜日にバイト時代のツレと行けることになりました。いやー、良かった。問題は1/24スコタコが残っているかどうかだけど・・・。
1/1のタコも展示してあるんですね、一昨日位初めて知ったよ(嬉

2013年4月10日

連載再開!衝撃的過ぎるその内容-ゴティックメード(FSS)

このエントリはファイブスター物語の連載再開についてのネタバレを含んでいます。ネタバレしたくない方はスルーして下さい。

続きを読む "連載再開!衝撃的過ぎるその内容-ゴティックメード(FSS)"

2013年4月 8日

「極上のガンダム」って・・・

先日紹介した「極上のガンダム」を作らねば!: How to build"Luxury RX-78 GUNDAM"ですが、どうやらモデルグラフィックス2008年02月号の特集の再編っぽいですね。ページ数が合わないので大幅に加筆がされ、恐らくカラーページになるのだと思います。
Model Graphix (モデルグラフィックス) 2008年 02月号 [雑誌]
B0010S86B6

当然この号も所有していますが、全然記憶になかった(汗 このモデルがいわゆるセンチネルver.を目指していたのに対し、私が目指していたものが小松原ver.であったからだと思います。
DSC_2826.jpg
加工後のパーツの原寸写真が載っていましたが、手元にある改造パーツと比べると写真の方が一回り大きい(汗
安易に何mm延長して~とかなるべくしたくないんですよね。他のキットと並べた時にがっかりするじゃん。フィギュアーツとかだと高さに統一感が無いと皆ブーイングだけど、ガンプラの場合はどうなのかなぁ?確かに延長した方が格好は良いのですけどね。

「極上のガンダム」を作らねば!: How to build"Luxury RX-78 GUNDAM"
モデルグラフィックス編集部
4499231094


現在、原型をチマチマと修正中です。

あー、ライダー系の依頼品、全然進んでないや(汗

2013年4月 4日

「極上のガンダム」を作らねば!

やだ、なにこれ・・・(嬉
スゲー、タイムリー。
全然知らんかったよ。4月24日発売予定て直ぐやん。モデルグラフィックスにも情報出てなかったよね?
ジム本は再編なんでスルーしましたが、こちらは絶対「買い」です。

「極上のガンダム」を作らねば!: How to build"Luxury RX-78 GUNDAM"
モデルグラフィックス編集部
4499231094


RGM MODEL PICTORIAL BOOK: HGUCシリーズで楽しむガンダム世界の地球連邦軍量産機
モデルグラフィックス編集部
4499230993

機動戦士ガンダム/ガンダムウェポンズ ("MG RX-78-2ガンダムVer.Ka & MG MSA-0011 Sガンダム"編) (ホビージャパンムック)
489425297X

2013年4月 2日

MG GUNDAM ver.ka 制作記 其ノ十六

思うところあって超久しぶりに再会。前回のエントリが2005年11月・・・凄いな・・・。
最近ガンプラ熱が再燃してきているんです。ネットでもイカス(ver.kaな)作例を幾つも目にします。でも1/144に押されてきている様な・・・気のせい?私も1/144ならサクっと迄はいかないまでも結構行けるんではないかとHGUC GM改買って来たんですが、待てよ、と。我が家には作り掛けのver.kaが居るじゃないかと。
中断していた理由として一向に終わりの見えない工作とライダー系にシフトしたということがあるのですが、流石に7年以上も空いたこともあって新たな気持ちで取り組めることが出来るのではないかと思います。

で、過去のエントリを見直したんですが、画像リンクが切れているんですね(汗 テキストだけでは何がなんだかわかりません。⇐サーバーの移行漏れでした。復旧させたので現在は画像が出ると思います。

DSC_2825.jpg
手元にある途中のパーツ群を見ると何がしたかったのか良く分からない。特に足首。その辺については追々説明しようと思います。この他にもパーツがあると思いますが、発掘しなくてはなりません。こりゃぁ時間掛りそうだ・・・。

DSC_2819.jpg
とりあえず、胸部を組んでみる。今回作業したのは特徴的な胸部のスジボリパターンをイラレで作図してデカールとして出力したものを貼ってみました。このデカールのラインをガイドにタガネでスジぼって行こうと思います。ロボでプラ板カットして冶具にしても良いかも。

ver.ka.png